ライフステージ 【成人】 青年・成人期の聴覚障害者生活支援

  1. (1)広域的な情報・コミュニケーション支援ネットワークを強化
  2. (2)広域的で専門性のある相談支援・コミュニケーション支援体制をつくります
  3. (3)聴覚言語障害者のための地域交流生活支援を充実させます
  4. (4)聴覚障害者支援に関する専門的人材を育成しサービスの担い手を拡大します
  5. (5)聴言センター若木寮・青空工房やいこいの村・栗の木寮において新たな事業の展開を図ります。

事業計画表

計画内容 北部 中部 南部 2015(H27) 2018(H30) 2022(H34)
(1)広域的な情報・コミュニケーション支援ネットワークを強化  
・高齢者支援サービスの展開と一体的に京都府聴覚障害者情報提供施設を設置            
・IT等を活用した情報提供・コミュニケーション支援の調査研究        
・等を活用した情報提供・コミュニケーション支援の調査研究            
(2)広域的で専門性のある相談支援・コミュニケーション支援体制をつくります  
・難聴者・吃音者への相談体制の充実            
・ふない聴言センター体制の拡充            
・京都市聴言センターに相談体制の複数化            
・聴覚障害者を対象とした生活ニーズ調査の実施        
・言語聴覚士を2名以上配置            
・聴覚障害者ピアカウンセラーを配置            
(3)聴覚言語障害者のための地域交流生活支援を充実させます  
・北部地域の地域活動支援センターや生活支援事業の充実            
・京都市東部以外のブロックに日中生活支援のある事業を設置        
・山城就労支援事業と地域活動支援センターの統合            
(4)聴覚障害者支援に関する専門的人材を育成しサービスの担い手を拡大します  
・手話通訳者・要約筆記者養成のための講師育成            
・要約筆記者養成カリキュラムの見直し            
・盲ろう者通訳介助者養成カリキュラムの見直し            
・大学・専門学校等と連携して若手の担い手養成        
・障害者及び高齢者介護支援のためのホームヘルパーの養成            
(5)聴言センター若木寮・青空工房やいこいの村・栗の木寮において新たな事業の展開を図ります。  
・若木寮を入所型施設から通所を基本とした地域支援型に転換  
・生活介護事業への移行            
・短期入所支援事業の設置        
・盲ろう者のための交流サロンなど日中生活支援機能の設置        
・聴言センターでの就労支援機能の拡充及び難聴者支援の強化  
・就労移行支援による通所による難聴者支援            
・障害者就労センターの設置            
・第1号職業適応援助者(ジョブコーチ)事業の実施        
・独立型の障害者交流・作業センターの設置・第2青空の移転・拡充        
・ケアホームの設置(中南部)        
・ケアホームの設置(北部)        
・いこいの村・栗の木寮の個室化等、生活環境の改善            
・いこいの村・たからの里での新規事業の立ち上げ